膝下O脚の症状

  1. 両膝の内側がつかないO脚で、膝から下が外側にふくらんでいる。
  2. 両膝の内側がつくが膝下だけがふくらんでいる。

この場合、ご自身が膝下O脚であると思ってください。

膝下O脚はO脚とは違い、膝下が大きく外へふくらんでいるのが特徴です。
膝下の骨は、すねの骨(脛骨)が外側へねじれる様に外側にゆがみます。
さらにその外側にある腓骨も外側に押し出されます。

目次

膝下O脚になる原因

膝下O脚になる原因はどのようなことが考えられるのでしょうか。
もしかすると、あなたの膝下O脚の原因にも思い当たる節はあるのではないでしょうか。詳しく解説していきます。

原因1:外反母趾・浮き指で足裏が不安定

女性に多い外反母趾や、地面に指がつかない浮き指の場合に足裏が不安定になり膝下O脚になりやすいといいます。

足裏が不安定になると、膝下の外側の筋肉が発達、脂肪もつきやすくなるのです。
またこの状態が続くと歩く際に脚の指でしっかりと踏ん張って着地することができなくなり、足先が外側に向いていきます。
このようにねじれ歩行になりやすく、膝下O脚へとつながっていきます。

※北九州整体院の女性の来院患者の足を確認すると90%以上が外反母趾又は浮き指の症状がありました。とても多いので驚いています。ちなみに、男性は50%以上です。

原因2:骨盤の歪み

膝下O脚を含め、O脚は骨盤の歪みが関係しています。歪みの多くは生活習慣から発生しており、特に座って脚を組むことが多い人は注意が必要です。また、床に座る際にぺたんこ座りをする姿勢も骨盤の歪みを進行させます。

床に座ること自体が骨盤や股関節、腰まわりに悪影響を与えやすいので、なるべく避けた方が無難だと言えます。

原因3:股関節の内側捻じれ

股関節内転筋群の緊張で股関節が内側にねじれていると、膝下O脚を発生させやすくなります。

膝が内側に向いてしまい反り腰のような姿勢になると、脚に余計な力がかかることになり、膝下O脚やO脚、X脚といった脚全体の歪みを起こしやすくなります。

原因4:すねの骨、腓骨が外側ずれ

膝下の筋肉は、すねの骨、腓骨が外側にずれたことで、内側から押し広げられるようにふくらみます。そして、その筋肉はゆがみをこれ以上悪化させないように働くため、筋肉は常に緊張状態になり、常に硬い状態になります。

筋肉が硬くなったことで代謝は下がりますので、代謝が落ち脂肪やむくみがつくので、ふくらはぎ全体は張ってきます。

原因5:すねの筋肉が収縮し、膨らむ

膝下の骨が曲がっているとおっしゃる方がいます。ほとんどの方が実際には骨が曲がっているのではなく、その横にあるすねの筋肉(前脛骨筋)が原因です。

筋肉は収縮するとき、硬くなるとふくらむという性質があります。この状態が常に起こっていると、筋肉はふくらんだままになります。その結果、すねの筋肉が収縮し、膨らむような形状になります。これが、正面から見るとすねの骨が曲がって見える正体です。

原因6:ぺたんこ座り

ぺたんこ座りをしつづけると、膝下の骨(脛骨・腓骨)全体は、足首を支点に外側にゆがみます。また膝下全体は外側方向へねじれます。これはぺたんこ座りの特徴の1つであるつま先を外側に向けることに起因します。

膝下には脛骨と腓骨があります。この腓骨は脛骨が外側にゆがんだことで、反対側にバランスと取ろうと内側にねじれます。膝関節を中心に上記のような膝下の2つのゆがみから、ぺたんこ座りは膝下O脚を悪化させます。

膝下O脚による様々なリスク

膝下O脚の原因についてまとめてきましたが、どうして膝下O脚は治した方が良いのか分からない人もいるかもしれません。

脚のラインが崩れて見た目が悪い、という理由から改善方法を探している人が多いようですが、膝下O脚はそのまま放置しておくとさまざまリスクもあります。
ここでは膝下O脚から進行する主な不調について解説します。

足が太くなる

膝下O脚になるとすねの骨が外側に押し出され脚が広がっていきます。その筋肉が歪みを調整するように緊張状態が続きます。そうして常に筋肉が硬い状態になり、疲労が蓄積していきます。

筋肉が上手に使われなくなることで、血行が悪化しむくみやすくなりますし、代謝が落ちて脂肪もつきやすくなってしまうのです。
膝下O脚で骨が歪んだ状態からは、脚が太くなっていく可能性が高いでしょう。

足が疲れやすくなる

O脚の場合、正常な脚の人に比べて3〜4倍脚が疲れやすいと言われています。これはO脚になると歩いた時や運動をする際に地面からの衝撃をうまく吸収することができないからです。

そのため、すぐに疲労が感じられ長時間脚を使うのが難しくなるのです。膝下O脚になって脂肪がついてきたからと運動をしてもうまく下半身の脂肪が落ちないのは、こうした背景も関係していると言えます。

むくみやすい

すでに述べてきているように、膝下O脚はむくみが進行しやすいです。外側の筋肉ばかりを使っているため緊張状態が続き、血液を循環させるポンプの役割を果たせなくなってしまいます。

うっ血や冷え性へも繋がってきます。疲労が溜まりやすいため、脚全体の状態が悪化しやすいと言えます。

身長が縮む

O脚になると脚が外側に開きます。そうして歪んだ分だけ身長が低くなることはイメージしやすいですね。

正確なデータはないようですが、O脚自体を改善させたことで1〜2cm身長が高くなると言われています。

膝下O脚の度合いや状態などにもよるので一概には言えませんが、理屈的にはO脚、膝下O脚によって身長が縮んでしまう可能性は充分にあると言えるでしょう。

肩や首のこり

膝下O脚の影響として、肩こりや首のこりがあるのは意外かもしれません。しかし膝下O脚の影響は下半身だけではないのです。O脚の人に多いのは左右で脚の形や歪み具合が異なることで下半身がバランスを崩している状態。

そこから骨盤の歪み、そして背骨へと影響を及ぼします。影響として、肩や首の血液循環が悪化し、肩こりや首のこりといった症状が悪化しやすくなります。

首の骨に何かあると自律神経失調症に及ぶリスクもありますので、注意した方が良いですね。

腰痛

膝下O脚やO脚などの場合、スポーツや運動、歩行などで動いた際に受ける衝撃が上手に緩和されません。したがって衝撃が脚の骨や膝、そして腰へと伝わっていきます。

そのため、腰へ負担となり腰痛になる可能性があります。また膝の炎症など痛みを伴う症状もでやすく、最悪は変形性膝関節症になってしまうかもしれません。
脚の歪みが下半身や全身への影響を及ぼし、不調のリスクを高めてしまうのです。

膝下O脚による影響って、いろいろありますね。ただ脚が歪んでいる、といって放置しておくとちょっと心配ですね。

膝下O脚を悪化させないセルフケア

では、膝下O脚がすでに進行している場合、それを悪化させないためにはどのような対策があるのでしょうか。普段の生活の中で気をつけたいポイントについてまとめました。

正しい歩き方をする

普段から正しい歩き方をすることで、脚の筋肉の使われ方が改善され脚のラインも変化していきます。

  1. 正しい歩き方のポイント
    1. 膝は常に正面を向ける
    2. かかとから地面につき軽めに着地する
    3. 後ろの足は指の付根で蹴って体重移動する。
    4. 足裏の重心は小指側に片寄らないように中央(第2指付近)にコントロールする

足の音が出るペタペタ歩き方はしないようにしてください。
止まって立っている時には足指・足指付根・踵を中心に足裏全体を地面につけるようにしましょう。こうすることで少しずつ脚の筋肉が適切に使われるようになります。

※北九州整体院でO脚や外反母趾を予防する立ち方・歩き方のトレーニングと整体のコースを準備しております。

正しい座り方をする

座っている際にも適切な姿勢を取ることが大切です。デスクワークなどで長時間椅子に座っているときに、姿勢が悪いまま続けると全身のバランスが崩れ、骨盤や股関節に歪みが生じやすくなります。

  1. 正しい椅子への座り方のポイント
    1. 膝を揃えておく。
    2. 背筋をまっすぐに伸ばしておく。
  2. 正しい床での座り方のポイント
    1. 脚は前に出してまっすぐ伸ばす座り方がベスト
    2. 背もたれに軽くよしかかって背筋を伸ばす。
    3. あるいは正座をして、足をかさねない。
    4. 床に座る場合は、正座と長座(足を伸ばす座り方)が交互にできると良いですね。

膝下O脚だけでなく、O脚やX脚の人にも改善対策として使えます。

膝下の負担を取り除くセルフケア

膝下だけにアプローチしても、膝下O脚(XO脚)は改善できません。まずは膝下にかかる負担を取り除く以下のストレッチをしましょう。

  1. 股関節の内側へのねじれを改善するため、股関節外旋筋群のストレッチをする必要があります。
    1. うつ伏せで片方の膝を腹部の下で内に折りたたむ。
    2. そして身体を床に向けてゆっくり傾け重心を股関節に置く。
    3. 上半身の力を抜き、床におでこを近づける。
  2. 膝下の、ふくらはぎの外側の固い筋肉をゆるめます。
    1. 脚を前後に開き、両足の踵をつけたまま壁に寄りかかる。
    2. 膝をのばし、ふくらはぎの外側の固い筋肉をストレッチする。

膝下O脚改善のセルフケア

「ひざ締め屈伸運動」を毎日続けることで、ひざを締める内転筋を鍛えると、自分である程度まで整えることが可能です。

最後に

どうしても治らない場合の対処法
膝下O脚をセルフケアで改善させる方法を実践しても、どうしても改善しない場合、自分のケアだけではめざましい改善が見られるまでには相当な時間がかかると考えられます。

そういった場合におすすめできる北九州整体院の施術についてもご紹介しておきます。

膝下O脚についてはやや専門性が高く一般的ではないこともあります。当院では患者さま一人一人の膝下O脚の癖や原因を細かく確認させて頂き、改善できる方法を選択します。そして全身のバランスを調整しながらトータルで症状を改善させる方法を取り入れています。

膝下O脚は骨の歪みを伴っているため、施術を1回、あるいは数回したからといってすぐに完治するようなものではないことはご理解ください。

数年といった長い年月をかけてできてしまった脚の状態は、改善させるのにもある程度時間がかかるものです。普段の癖を改善しながら、整体で矯正すると心得たほうが良いでしょう。

そのため、北九州整体院では自宅で改善できる、立ち方・歩き方の悪い癖を修正したり、エクササイズの指導に力を入れております。たまに、足裏のバランスをとる布草履(通販で2000円程度で販売している)を勧めることもあります。

膝下O脚矯正の料金

膝下O脚矯正体験の募集

北九州整体院ではただ今、膝下O脚矯正体験を募集しております。

但し、条件があります。


北九州整体院の場所・営業時間

〒802-0971福岡県北九州市小倉南区守恒本町1丁目2-5サンハイムヨシミビル2階(国道322号線沿い。東和病院横のサンハイムヨシミビルの2階)モノレール守恒駅から徒歩2分。ビル敷地内専用駐車スペース3台。

当院までの道筋

北九州モノレール守恒駅から当整体院までの動画です<再生時間:51秒>

予約は

膝下O脚(改善)の施術は「院長のO脚矯正コース4000円」をお選びください。
なお、初回の方はさらに「初回検査・カウンセリング【無料】」をお選びください。

予約方法

スタッフ

  • 「院長のO脚矯正コース4000円」は
    • 施術:平日・土曜日・日曜日・祝日の
      10時〜20時
    • 不定休

24時間WEB予約はココから

電話でのご予約の場合は以下の通りです。☎090-8621-9624(電話受付 9:30~19:30)

担当者が「はい、北九州整体院です。」と電話に出ますので、
「初めてですが、院長のO脚矯正コースを予約できますか」とおっしゃって下さい。
○お名前 ○ご希望の日時 をお申し付け下さい。